FC2ブログ
プロフィール

Hiraku Senzaki

Author:Hiraku Senzaki
 
このブログの本家サイトは、
Birding of Kitahiroshima です。
雑記、雑感等鳥に関する
記事を搭載していければと思ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(推定)アラスカシロカモメ 第4回冬羽 「わかば」 Vol,4

02 15, 2015 | 大型カモメ

0 Comments
「わかば」は中途半端に離れているとカムっぽく見えることが多かった。
しかし、バランス等を意識してスコープ等を使ってしっかりと観察すると「違和感」に気付く。

150102-wakaba11.jpg
オオセグロカモメ、シロカモメと。

小さめに見えるがやはり眼の小ささが引っかかる。

150102-wakaba12.jpg
オオセグロカモメと。

銚子などで見られるbarrovianus にも共通するのだが、
オオセグロカモメやセグロカモメと比較すると同大か小さめに見えることで初見時のアイス疑惑が膨らみやすい。
特に北海道だと周りのシロカモメの大きさとの差が相まって、より慎重に識別しなければならない。

150102-wakaba13.jpg
シロカモメ(右)との比較。

右のシロカモメ(L.h.pallidissimus )よりも約ひと回り小さく見えることが多かった。

150102-wakaba10.jpg
シロカモメ、オオセグロカモメと。

脚の短さが目立った。

150102-wakaba14.jpg
オオセグロカモメ、シロカモメと。

やはり大型カモメは多角的な観察が大事と感じた。
今回自分の識別の甘さとその奥深さを再認識。

そしてなんとか本物のアイスが見たいと思う今日この頃です。

2015年2月中旬、稚内市。
関連記事
スポンサーサイト

« カモメシーズン。 (推定)アラスカシロカモメ 第4回冬羽 「わかば」 Vol,3 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。