プロフィール

Hiraku Senzaki

Author:Hiraku Senzaki
 
このブログの本家サイトは、
Birding of Kitahiroshima です。
雑記、雑感等鳥に関する
記事を搭載していければと思ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(推定)アラスカシロカモメ 第4回冬羽 「わかば」

02 15, 2015 | 大型カモメ

0 Comments
最初に見た時は白い「kumlieni 」のようだとに思った。
最近はあまりカモメ観察に時間が割けず、北海道へ帰ってきた今季はなんとか
アイスランドカモメを観たいと考える中での発見で高揚したのが恥ずかしい。

150102-wakaba04.jpg
左から2羽目。

シロカモメよりも濃い背の色、オオセグロカモメサイズの体、短い脚に小さめの嘴。
尾羽からの初列の突出量も嘴と同等かやや長く見える。

150102-wakaba01.jpg

嘴は左のオオセグロカモメ2羽と比べ小さめに見えた。

150102-wakaba02.jpg

しかしよく見ると眼が小さめで体もやや太く感じる。
この辺りから若干の違和感を感じ始める。

150102-wakaba03.jpg
全身羽振い。

こういった状態では、アヤシイ個体は特に「アイス的」な体型に見えてしまうので注意が必要。

150102-wakaba05.jpg
飛び立ち。

発見から数分で飛んでしまった。
背の色が濃いので距離があると初列にカム的な模様があるように感じられるが、
色以外のパターンはシロカモメのそれと変わらないように感じる。

barrovianus の背は亜種シロカモメよりも濃い個体が知られ、
アラスカで撮影されたbarrovianus の写真でもそういった個体が見られる。

例えばこちら

稚内周辺にて1月~2月(今の所)観察されたこの個体、
「稚内」での「barrovianus 」で、「わかば」と命名(笑)

2015年1月下旬 稚内市
関連記事
スポンサーサイト

« (推定)アラスカシロカモメ 第4回冬羽 「わかば」 Vol,2 数年ぶりの更新。 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。