プロフィール

Hiraku Senzaki

Author:Hiraku Senzaki
 
このブログの本家サイトは、
Birding of Kitahiroshima です。
雑記、雑感等鳥に関する
記事を搭載していければと思ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春チュウジ。

04 25, 2012 | ジシギ

2 Comments
春季シーズンもジシギの渡りは結構見れる。
春のジシギは何かとオオジシギと断定されがちだけど、
山陽から北陸においての日本海側では、チュウジシギを割と観察できた。
という訳でそんなチュウジシギを紹介します。

haruchuji03.jpg
2011年5月 島根県

夏羽だからだと思いますが、全体に淡色です。
三列も従来の特徴とは反する細めな斑。

haruchuji04.jpg
2011年5月 島根県

尾羽は夏場の特徴と変わらずチュウジシギの特徴そのもの。

haruchuji01.jpg
2012年4月 石川県

こちらはまんまチュウジシギ。

haruchuji02.jpg
上と同一個体。

尾羽の色や形式もチュウジシギを表している。

haruchuji06.jpg
2012年4月 石川県

どちらもチュウジシギ。

haruchuji05.jpg
上の写真の片方。

尾羽はもまんまな特徴。

haruchuji07.jpg
もう片方。

この個体の尾羽は残念ながら撮影できなかったが、
印象からチュウジシギと思った。

ooji01.jpg
オオジシギ 2010年5月 北海道

「jizz」の違いに注目。
夏羽は共に淡色になるような傾向があるように思うが、
最初の印象や、尾羽の形状には秋同様の差があるように思う。
関連記事
スポンサーサイト

« 数年ぶりの更新。 最近のオオタカ。 »

- Comments
2 Comments

春チュウジ、面白いです!
2個体目と3個体目はいいとして、最初の個体は難しいですね。
尾羽画像も外側の開きが少ないのと距離もあるので、
画像だけを見る限りはオオジを否定していいものかどうか?という印象も受けました。

それはさておき、確かに地域によっては春チュウジが
結構オオジにされちゃってる可能性はありますね。
これは「チュウジが意外といる」ということよりもむしろ、
裏を返せばオオジの貴重さがもうちょっと認識されるべきなのかも?と思ったりもします。

by Ujimichi | 05 12, 2012 - URL [ edit ]

こんばんは!
掲示板に貼れなかったので、コメントいただけて嬉しいです。

最初の個体はご指摘どおり、かなりオオジ似のチュウジと思いました。数回尾羽を見れて、やっぱチュウジだ!これは面白い!と思いながら観察していたのですが、尾羽画像がないと、他の人に見せる際、納得してもらうのは結構厳しいなぁと思いながら、かろうじて撮れたのがあの画像です。でも、あれでも厳しいですよね…(汗)

ただでさえ敬遠されがちなジシギ類、特に日本がメインの繁殖地なオオジシギって、識別からでも興味を持った人が、その辺りの認識を片手間程度でいいので広げてもらえるとまた違ってくるんでしょうね。DFの意味すら解明されないまま減少するのは、鳥好きとして、道産子として悲しいです。

by ざき | 05 12, 2012 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
1 Trackbacks

春季シーズンもジシギの渡りは結構見れる。春のジシギは何かとオオジシギと断定されがちだけど、山陽から

URL | 10 27, 2012


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。