プロフィール

Hiraku Senzaki

Author:Hiraku Senzaki
 
このブログの本家サイトは、
Birding of Kitahiroshima です。
雑記、雑感等鳥に関する
記事を搭載していければと思ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道のオオジシギ。

12 26, 2011 | ジシギ

2 Comments
沖縄のオオジシギについて盛り上がっているようなので、
本場北海道からも発信しようと思います。

リンク先の記事には僕も同意見で、沖縄で観察・撮影された客観的なオオジシギというのは、
図鑑やweb等通じて見た事がありません。

どうもこれの根本はオオジシギ幼鳥の観察個体数の差が影響しているように思えてなりません。
オオジの尾羽と言えば、成鳥ばかりピックアップされる事が多いようで、
認識の差は幼鳥の絶対的な観察不足が招いたもののような気がします。

道産子にとってチュウジシギは珍鳥で、現在は道南を覗く地域では僅かな確認例しかなく、
もし、チュウジシギを見つけ出したければどうすればいいか考えると、
まず北海道に多いオオジシギをよく見る事が近道ではないかという風に思えました。

それから見られるオオジシギを何百個体も多角的に観察していくうちに、
成鳥と幼鳥の尾羽の色合いでは印象的に決定的な差があることに気付きました。

オオジシギ幼鳥
オオジシギ幼鳥、すべて別個体の尾羽。

つまり、手元や野外で確実な証拠を掴んで識別した「オオジシギ」と、
沖縄で撮影された「オオジシギ」には個人的に納得できない大きな差があるということです。

「色」のみのオーバーラップを言葉で説明すると、意志次第ではどちらにでも当てはめられます。
でも、尾羽の形状や全体の印象として、経験値を照らすと違いがあるなあと感じたのは、
本州でチュウジシギを多く観察してからの話です。

その上で尾羽の模様に関しては、オオジシギ成鳥では
よりチュウジシギに似た模様の個体が多いとも思いました。

つまり、尾羽の「色模様」ばかりに執着せず、
全体の換羽状況や模様、1個体が出す印象を総合的に判断すれば、
その答えが自然に見えてくるような気がします。

もちろんそこは先入観抜きじゃないと通じないだろうとも思いますが。

関連記事
スポンサーサイト

« 今年もよろしくお願いします。 行動あれこれ。 »

- Comments
2 Comments

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by | 12 29, 2011 - [ edit ]

コメントありがとうございます。
メールにて返答いたしました。

遅くなってしまって申し訳ありません。

by 野鳥ウォーカー | 01 04, 2012 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。