プロフィール

Hiraku Senzaki

Author:Hiraku Senzaki
 
このブログの本家サイトは、
Birding of Kitahiroshima です。
雑記、雑感等鳥に関する
記事を搭載していければと思ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲み込むのはいつ!?

09 29, 2011 | 海鳥

0 Comments
今年の1月、なべよしさんから誘われてオホーツクへ行った時のこと。
到着メールの返信が「ハシジロアビが近いよ」とのことで、最初はそちらに行くことに。

まだいてくれよ~との願いどおり、到着した漁港には巨大なハシジロアビがいてくれた。

ハシジロアビ
ハシジロアビ

成鳥夏羽→冬羽に換羽中の個体。
さとさんも交えて5人で観察。たまに近くに来てとても楽しい。やっぱりでかい。

観察中、何度か捕食シーンを観察する事ができた。

ハシジロアビ
カレイ類の幼魚を食べる。

潜水の後、カレイを加えて上がって来ることが度々。

ここからが興味深かった。
この後、上空から盗賊を試みるオオセグロカモメに襲撃を受けるんだけど、
なんとハシジロアビはカレイをくわえたまま水中へ。

その後上がってきた時はカレイもなく随分としれっとしていた。
その時はカレイには逃げられたのかな!?とか思っていたのだけれど…。

ハシジロアビ

次に捕食した時は、オオセグロカモメの邪魔もなく普通に飲み込んだ。
この個体はカレイが好きな様子。

ハシジロアビ

しばらくしてもう一度カレイを捕まえて上がってくる。
写真のようになかなか飲み込めない様子。そのまま潜ってしまった。
が、上がってきた時にはくわえていない。ただ、表情は満足げに見える。

もしかして水中で飲み込んでいるのではないか!?

そう思って先ほどの写真を見てみると、

ハシジロアビ

喉元に膨らみが!!
やっぱり水中でカレイを飲み込んでいた様子だった。
さらに他の写真を見てみると嘴から大量に水が滴っている。

どうやら水中で餌を飲み込むことが出来るらしい。

この技はハシジロアビだからなのか、アビ類全般の特技なのか、
はたまた多くの海鳥に共通するのかはわからないけど、興味深い観察が出来たことには間違いない。

ハシジロアビ

めったに見られない種類だけど、今回も濃い観察ができました。
やっぱり近くで見られるっていいねぇ!
スポンサーサイト

« 例外。 続・イヌワシ »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。