FC2ブログ
プロフィール

Hiraku Senzaki

Author:Hiraku Senzaki
 
このブログの本家サイトは、
Birding of Kitahiroshima です。
雑記、雑感等鳥に関する
記事を搭載していければと思ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.2.18

03 01, 2012 | フィールドノート

0 Comments
1202erimo-01.jpg

久しぶりに日高地方へ鳥見。天気にも恵まれて楽しい鳥見だった。

確認種リスト

アビ、オオハム、アカエリカイツブリ、ミミカイツブリ、ハジロカイツブリ、ウミウ、カワウ、
ヒメウ、チシマウガラス、ダイサギ、マガモ、カルガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、
キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、シノリガモ、クロガモ、ビロードキンクロ、
カワアイサ、ウミアイサ、トビ、オジロワシ、オオワシ、ハイタカ、クマタカ、ノスリ、
ケアシノスリ(亜種クロケアシノスリ含)、ミユビシギ、カモメ、ユリカモメ、オオセグロカモメ、
ワシカモメ、シロカモメ、ウミガラス、ハシブトウミガラス、コウミスズメ、コゲラ、タヒバリ、
ハクセキレイ、ヒヨドリ、ヤマヒバリ、ツグミ、エナガ、ヒガラ、ハシブトガラ、シジュウカラ、
ユキホオジロ、シメ、イスカ、ハギマシコ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

以上56種。

*チシマウガラスは襟裳岬海上を沿岸沿いに、ヒメウ2羽と共に東へ飛翔する。
*クマタカは海岸沿いに3羽確認。
*亜種クロケアシノスリは恐らく♂で、主に探餌を行なう。
*ヤマヒバリは襟裳百人浜にて、飛び去る姿と鳴き声を確認。
*イスカ、ユキホオジロも百人浜で確認。

以下写真。

120218-chisima01-s.jpg
チシマウガラス(3枚とも同一個体)。

証拠写真。遠い写真でも嘴の色が目立つ。

120218-chisima02.jpg
横を飛んでいたヒメウとの比較。

他のヒメウも飛んでいる時の嘴はここまで黄色く写っていなかった。
チシマウでいいと思うんだけど。

1202erimo-02.jpg
クマタカ成鳥

もちろん個体差もあるだろうけど、やっぱり北海道で見るクマタカは白っぽいと思う。

1202erimo-03.jpg
亜種クロケアシノスリ。

1202erimo-04.jpg
飛翔。

そこまで黒い訳じゃないけど、黒い場所はしっかり黒い。

1202erimo-05.jpg
上面。

尾羽上面の模様もいい感じ。

ヤマヒバリの写真は撮れずに残念でした。楽しい鳥見だったなあ。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。