プロフィール

Hiraku Senzaki

Author:Hiraku Senzaki
 
このブログの本家サイトは、
Birding of Kitahiroshima です。
雑記、雑感等鳥に関する
記事を搭載していければと思ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アコガレバード!

10 25, 2011 | タヒバリ

2 Comments
憧れの鳥というのも、鳥を見始めてから結構変化するもので、それが鳥見の初期衝動だったり、
知れば知るほどの種類だったり、個人の思い入れと同様に千差万別なような気がする。

そんな自分は見たことはあっても未だに憧れは「ズグロチュウヒ」だし、
かといって道内で見たいシロフクロウもかなりそれに近かったり。
今となっては各ジャンルにそれなりに憧れの鳥が存在するのが現状ですね。

そんなアコガレバードの一つ、サメイロタヒバリが今回のテーマです。

きっかけはとあるHPでの旅行記だった。
何が個人的にツボだったのかよくわからないけど、
HP上でサメイロタヒバリの写真を見た時、単純に「すげーこれ見たい!」と思った。

鳥自体の色合いが個人的にツボだったのと同時に、
そのHP上に登場する人々の識別力の高さにときめいたのをよく覚えている。

それから数年後兄弟で九州へ鳥見に行く機会があった。
事前情報をとてもお世話になっている上野さん、ナルキさん、Oさん等に聞いてみると、
なんとサメイロが出ているというではないか!

これは是非とも見てみたい!凄いラッキーだ!
そう願った遠征3日目にポイントを盛り込んだコース取りを弟と決めていざ。

夕方がゴールデンタイムらしく、わくわくしながら教わったポイントを探してみる。

サメイロはタヒバリの小群と共に法面や小水路内によく現れるらしい。
ポイント付近の水路と言う水路を探しまくる。

気がたっていたのか、ようやくポイントの水路付近に来ると…。

いたあ!いた、いた、いたああああ!!

双眼鏡に入ってきたのはバフ色が目立つ見慣れないタヒバリだった!
ぱっと見で気づく違和感の主はまさにアコガレだったその鳥!

「本当にいた!すげえ!!やったあ!!」

これが当時の素直な感想。

サメイロタヒバリ
発見時。

サメイロタヒバリ
上背の斑や全体のバフ色味はタヒバリとは違う印象。

サメイロタヒバリ
下面の縦斑も少なく、腹は白味が強かった。

三列風切や大雨覆の換羽差等から幼鳥(第1回冬羽)。
だから脚が黒くない。実際に奄美や沖縄で越冬した幼鳥は、
夏羽になると同時に脚が黒くなった(のを画像で見た)。

ただ、この辺はサメイロっていうよりはタヒバリ幼鳥にも共通する特徴の様子。
もしかすると夏羽と冬羽という単純な差かもという気がしないでもない。

サメイロタヒバリ
超可愛い。

サメイロタヒバリ
右向き。

ただただ感動。

ちなみにヨロビンとビンズイと同様、この時はタヒバリととてもよく似た声で鳴いていた。
気持ち弱めな気がしたけど、この観察からは違いは見出せなかった。

見たい鳥というのは例え情報でも嬉しいもの。もっと沢山見たいと思った。
と、同時にいつかは自分のフィールドでも見つけてみたいと強く思った。

2009年2月 福岡県
スポンサーサイト

例外。

10 10, 2011 | 猛禽類

0 Comments
飛翔するハイタカ属を見分けるポイントとして、初列風切の分離枚数(fingers)を用いる、
と言うのは通なタカ好きなら誰でも知っているトコロ。

オオタカとハイタカは6枚でツミが5枚、アカハラダカが4枚という具合に分かれているけど、
秋の渡りで対象が成鳥の場合、少数だけどこれに当てはまらない個体が存在する。

例えばこちら。

ハイタカ
ハイタカ♂成鳥 2009年11月 北海道

ご覧のとおり初列分離枚数は5枚しかない。
この場合一番類似しているのはツミの♀成鳥なんだけど、
ツミの♀成鳥の場合は体と翼の長さを比べた時に翼が少し太短く見える事が多い。

ツミ
ツミ♀成鳥 2008年10月 長野県

比較にツミ♀成鳥。シルエットの違いに注目。
しかし、一番似ている所でも雌雄差という種を凌駕する体型差を考慮すると、
おのずと違いが見えてくるはず。

ハイタカ
ハイタカ♂成鳥 2011年10月 北海道

こちらは上面からの初列5枚ハイタカ。写真がちょっとブレていてごめんなさい。
この個体は意識的に見ていないと初列が少ないことになかなか気づきにくい印象だった。
上の個体同様P9が見えていないようである。

続いてはオオタカ。

オオタカ
♀成鳥 2011年10月 北海道

オオタカ
♂成鳥 2011年10月 北海道

オオタカ
♀成鳥 2010年9月 北海道

オオタカ
♂成鳥 2011年10月 北海道

上の4枚はすべてオオタカ成鳥で、換羽中で初列分離枚数が5枚。
渡りの時期に北海道で観察したオオタカはこのような換羽状況の個体が比較的多い印象。
ただ、こちらも観察した際には難なくオオタカとわかる個体ばかりだったので、
実際はちょっと翼が尖ってるなぁくらいの印象でした。

決定的な識別点は基本的なこととして、そこから派生するアウトローな疑問や、
新たな発見も鳥見をやってて面白いなと思うことの一つですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。