プロフィール

Hiraku Senzaki

Author:Hiraku Senzaki
 
このブログの本家サイトは、
Birding of Kitahiroshima です。
雑記、雑感等鳥に関する
記事を搭載していければと思ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロフクロウ、今冬にも北海道へ渡来か。

12 13, 2011 | フクロウ類

0 Comments
北方フクロウ界のエース、シロフクロウ(フクロウ科所属)が、
今冬にも北海道へ渡来する可能性が高いことが12日、関係者の話でわかった。
大陸を代表する人気のフクロウが、早ければ今月中にも渡来する見通し。

シロフクロウ
今冬の動向が注目されるシロフクロウ

昨シーズンも一部で渡来の噂がささやかれたが未確認に終わり、
「今冬はバンクーバーでの目撃情報も多く、北海道への渡来も時間の問題」
と前出の関係者は語る。

日本では今冬の目玉となる可能性が高く、確実な渡来が確認されれば
延べ100人以上のウォッチャーが集結することが見込まれる。

それに伴い、各ウォッチャー間でのシロフクロウ情報の争奪戦が予想され、
今後の去就が注目される。

(野鳥ウォーカー WEB版 2011/12/13 配信)


なんつって(笑)

ダルビッシュ投手は本当に行きそうだけど、シロフクロウの渡来はいかに・・・。

 
スポンサーサイト

フクロウ色々。

09 03, 2011 | フクロウ類

0 Comments
主に羽の色や分布位置等から亜種が分けられて来た日本のフクロウですが、
今回は北海道、秋田県、愛知県のフクロウを紹介します。
まずは夜の写真です。

エゾフクロウ
亜種エゾフクロウ 2010年2月 北海道

やはり一番北の亜種だけあって、白さが目立ちます。
生態面等でも本州や九州の他亜種と違いが多く、これが分けられるていることに疑問はありません。

フクロウ
亜種フクロウ 2010年12月 秋田県

次は亜種フクロウです。写真で見る関東地方のフクロウよりも白く見えて驚きました。
上面は亜種エゾフクロウよりは白く見えなかったです。次回はさえずりも聞いてみたいです。
秋田県では10個体程を観察しましたが、どれも白い!と思う個体ばかりでした。

モミヤマフクロウ
亜種モミヤマフクロウ 2011年4月 愛知県

こちらは愛知県産の個体です。亜種エゾフクロウ、亜種フクロウに比べて褐色味が強い個体が多かったです。こちらは約2ヶ月の間、20個体程観察できました。




続いては日中の写真ですが、秋田県で亜種フクロウの写真は撮れませんでした。

エゾフクロウ
2011年2月 北海道

繁殖期外、特に冬季の日中、このような樹洞で休息するのは亜種エゾフクロウに多く見られます。
愛知県産の亜種モミヤマフクロウでは、聞いた話含めてこのような例は個人的には知りません。

モミヤマフクロウ
2006年4月 愛知県

愛知県で観察していて、最もよく見られる色をしている亜種モミヤマフクロウです。
肩羽の色は亜種エゾフクロウに比べると褐色の面積が大きいように思いました。

モミヤマフクロウ
2006年5月 愛知県

しかし、中にはこのような羽色が濃い個体も見られます。
過去の基準で亜種分けすると、この個体は亜種キュウシュウフクロウに当てはまりそうですが…。

このフクロウの亜種が最近の研究で一新されそうな気配があります。
色という見た目だけではなく、繁殖生態や鳴き声等、
様々なアプローチからしっかりと分析されることが個人的に楽しみです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。